2010年04月30日

【民主党】辻恵「新しい民主主義の形」を提唱

議連の結成は、一般市民で構成する検察審査会への圧力となりかねない動きだが、結成を呼びかけた辻衆院議員は29日、読売新聞の取材に「たまたま議決のタイミングと重なっただけで審査会への圧力ではないし、議論を深めることが悪いとは思わない」と説明。さらに「検察をチェックする機関としての審査会の意義は認めるが、強制起訴の仕組みは不当。私は改正法には問題があると考え、採決時の本会議は欠席していた」と述べた。


ある法制度に疑問をもって色んな観点から思考することは当然あるべき姿ですが・・・
私は改正法には問題があると考え、採決時の本会議は欠席していた
「欠席」というのは単なるサボリで反対にもなっていません。

しかし多数決民主主義において、議員が「当時反対していた」事を理由に道義的にせよ責任を回避できるとは。
だとすれば前回総選挙で現与党に投票しなかった49.9%近くの国民は責任を負わなくて良いことになりますが、何か不満でも?

にほんブログ村 政治ブログへ面白かったら
blogram投票ボタン面白かったら

posted by netpolitica at 10:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【民主党】尊師批判は許さないから色々監視してますと工作員さんがTwitterで発言

宮崎信行なる自称ジャーナリスト君が生意気言ってましたね、青木愛議員の後援会にも支持者と名乗り顔を出してるようなので、注意するよう言ってやって下さい。坊やについては名前でブログを検索すればわかるでしょう。

登場人物解説

監視人

みやけ雪子

宮崎信行

まじ怖いんですけど・・・・

にほんブログ村 政治ブログへ面白かったら
blogram投票ボタン面白かったら

posted by netpolitica at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

【ネトルピ】「美しすぎるブロガー」検察審査会の問題点を喝破!

今回なら、たまたま民主党の支持者や反自民の人が6人含まれてたら「不起訴妥当」になってたわけで、


さすが「美しすぎるアルファブロガー」、検察審査会の審査は実は審査と呼べるようなものでは無く、参加者の党派性により決定するという新しい理論で、審査結果の問題点を喝破。
とすると昨日の「鳩山偽装献金案件審査」は「民主党支持勢力」による政治圧力適正な判断というわけですね。
さすが「自分たちの好む結果だけが正義であり、展開されるべきである」という信条をお持ちの民主党支持勢力の聖典の作者様です。

にほんブログ村 政治ブログへ面白かったら
blogram投票ボタン面白かったら

posted by netpolitica at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

【鳩山由紀夫】東京地検に続き検察審査会もルーピーの潔白を認定。

鳩山首相に「嫌疑なし」と検察審査会も認定したので「大手を振って」歩けるというものでしょう。




首相の偽装献金問題めぐる検察審査会議決理由の要旨


 鳩山由紀夫首相の資金管理団体をめぐる偽装献金事件で、東京第四検察審査会が行った議決理由の要旨は以下の通り。(呼称、敬称略)

     ◇

 【被疑事実(1)(寄付を受けていない寄付者の氏名、寄付金額などの虚偽記入)】

 関係者の供述などは、収支報告書の虚偽の記入は元公設第1秘書以外の者は全く知らなかった、鳩山は一切関与していないということで一致し、鳩山自身が虚偽の記入に積極的に加担しなければならない動機も見いだしがたく、これを否定あるいは覆すに足りる証拠はない。

 なお、一連の証拠によれば、2002年ごろから09年5月まで鳩山の政治団体には、母から、毎月1500万円、1年間で1億8千万円が拠出されており、この入金がなされるようになってから、鳩山個人が政治団体に拠出する資金が極端に減少し、さらに年々減少してきている事実が認められる。それにもかかわらず、鳩山は虚偽記載の事実を知らなかっただけでなく、母からの莫大(ばくだい)な資金が使われていることも全く知らなかったという。しかし、当検察審査会としては、素朴な国民感情として、このようなことは考えがたいとし、鳩山の一方的な言い分にすぎない上申書の内容そのものに疑問を投げかける声が少なからずあったことを付言する。

 【被疑事実(2)(会計責任者の選任及び監督について相当の注意を怠ったか)】

 元政策秘書は鳩山の側近として長年、重要なポストについており、鳩山の信頼が相当厚いと推測される。結局、会計責任者として選任したことについて相当の注意義務を怠ったということはできない。

 政治団体の代表者が、政治資金規正法25条2項の適用を受けるのは、会計責任者の選任及び監督について相当の注意を怠ったときである。選任と監督の両方の要件を充足しない限り、本条の責任を問うことはできない。

 なお、これについては当検察審査会の審査で「政治家に都合のよい規定になっている。本条項は改正されるべきである」との意見が強く主張されたので付言する。

 【被疑事実(3)(「借入金」欄の虚偽記入)】

 本件は、明細を記載した架空の寄付金の合計1771万2千円を削除し、その分を鳩山からの借入金として「借入金」欄を訂正したことが、虚偽記入に当たると言えるかどうかの問題である。

 一連の証拠によると、資金の性質はその時点では一義的には定まらない「仮受金」的な性質を有するものと見るのが妥当と思われる。しかし、収支報告書には「仮受金」等の項目がないことから、本件虚偽記入が発覚後、「仮受金」に最も近い性質を有する「借入金」項目を利用し、借入金に訂正したものであり、このことを直ちに虚偽であるとまではいうことができないとの検察官の考え方は首肯できる。


それにもかかわらず、鳩山は虚偽記載の事実を知らなかっただけでなく、母からの莫大(ばくだい)な資金が使われていることも全く知らなかったという。しかし、当検察審査会としては、素朴な国民感情として、このようなことは考えがたいとし、鳩山の一方的な言い分にすぎない上申書の内容そのものに疑問を投げかける声が少なからずあったことを付言する。

なお、これについては当検察審査会の審査で「政治家に都合のよい規定になっている。本条項は改正されるべきである」との意見が強く主張されたので付言する。

いや裁判で言えば「傍論」みたいなものですよ。誰かさんたちは時にこの「傍論」というものをかなり重視したりしますけど。 にほんブログ村 政治ブログへ面白かったら
blogram投票ボタン面白かったら

posted by netpolitica at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

【民主党】民主主義の基本を民主党石川県連代表がレクチャー

子ども手当を痛烈に批判された一川代表は、「子ども手当には子どもを育てる負担を和らげるという理念がある。(そう言うのなら)民主党を支援してもらわなくても良い」と声を荒らげ、一時、会場の空気が凍り付く場面も。だが、最後は冷静さを取り戻し、「自民党は、自分中心の人物ばかりで国民のことを考えていない。民主党が責任を持って皆さんの期待に応えたい」と有権者に理解を求めた。


高校にも通えない障害者を抱えた人が「扶養控除廃止で苦しくなる」等と窮状を訴えるのは「自分本位の身勝手な主張」というわけですね。

「目先の金に騙されない、計算できる有権者」というのが一番民主党には困る存在ですので、来るべき参院選挙でなんとしてでも過半数を取って、民主党を支持しなかった「愚民」を懲らしめる必要がある。
という民主党石川県連代表の強い意志を垣間見た気がします。


タグ:民主党
にほんブログ村 政治ブログへ面白かったら
blogram投票ボタン面白かったら

posted by netpolitica at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。