2010年10月19日

【ネトルピ】新しい裁判方法を小沢氏支持者が提言

流石「天皇の行為は全て国事行為」という斬新な解釈を披露した小沢先生を支持するかた、法律論も斬新です。




「起訴」が行政処分か否かを判断するのに、行政の意見書を検討してどうするの?検討している時点でアウト。


言い換えると
「陸山会の資金管理が適正か否かを判断するのに、陸山会関係者の意見を検討してどうするの?」
と言うわけですね。

なら納得。
にほんブログ村 政治ブログへ面白かったら
blogram投票ボタン面白かったら

posted by netpolitica at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

【民主党】信者の皆さん、尊師の表現を見習いましょう。

流石尊師、感情を垂れ流してしまう「選挙運動が仕事の一年生議員」とは違い「ベールに包まれた」という文学的表現で、検察審査会を批判。しかし匿名性が問題だというなら「朝鮮学校に資金援助をしようと躍起になっている文部科学省の審議会」も不思議な存在。
検察審査会が匿名なのは法制度的に求められているものですが、文部科学省の審議会の方は全くの法的根拠なし、「最大の民意」である「選挙」も実に「ベールに包まれた」存在。




−−議決は残念とのことだが、離党や議員辞職はないということか

 「今話した通り、国の正式な捜査機関である検察当局の1年余に及ぶ強制捜査の中で、起訴するような不正な事実はないということが明らかになったわけでありますので、私としてはそのような意思は持っておりません。淡々として、政治活動は、私が必要とされる限り続けてまいります」


離党は無いと強調していますが、実はあてにしていた話がなくなったのでしがみついている可能性も。

 自民党の森喜朗元首相は7日午後、BS11の番組収録で、2007年の自民、民主両党の大連立協議の際に福田康夫元首相と小沢一郎元代表を仲介した経緯に触れ「小沢さんは後始末をしないから仲間が離れる。その後、わたしにも電話一本なかった」と述べ、小沢氏の対応を批判した。

 森氏は小沢氏が大連立成立に焦っていたとも指摘。「急ぐ理由を尋ねると『早くしないと、おれの魔術が効かなくなる。今は参院選で勝った後だから皆言うことをきく』と言っていた」と、当時のやりとりを紹介した。


もう一方の当事者であった福田元首相も同じような思い出話をしていた記憶がありますが、もしかしてこれは尊師の「近々出ますんで」という連絡への回答なんじゃないですが?

郷原弁護士の起訴処分違法判断」位勝手な想像ですけどね。

多分その「余計な事実認定」というのは「犯行動機の解説」という解釈で問題なし。
というかそもそも検察審査会の結論への異議申し立て自体、制度的に存在しないので、お得意の法律論駆使して、思う存分法廷闘争する他選択肢は無いんですけど。
にほんブログ村 政治ブログへ面白かったら
blogram投票ボタン面白かったら

posted by netpolitica at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

【ネトルピ】江川紹子氏「小沢びいきじゃない、民主びいきだ」と自己暴露

検察審査会批判を単なる小沢氏擁護と思われてはかなわん!と江川紹子氏。
「こういう事件でも批判している」と証明しようと出した先の記事はやっぱり民主党絡み、本件以前の鳩山脱税事件にも言及しての「検察審査会」の問題点を厳しく追及。

ところでこれ以外にも検察審査会が強制起訴した案件が今年に入ってからだけでも2件は有ったはずなんですが、その時期に検証した形跡が見当たりません。

民主党絡みでない案件での「検察審査会の判断」は問題なかったんでしょうか?
明石歩道橋事故の件なんて「プロである検察が4回も起訴を見送った。」案件で、「市民派」である江川紹子氏が向き合うには最適な案件だと、勝手に思っておりますが。


タグ:江川紹子
にほんブログ村 政治ブログへ面白かったら
blogram投票ボタン面白かったら

posted by netpolitica at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【菅内閣】時計の止まった男が一人

「赤い小沢」の異名を持ち、いまや「悪徳ペンタゴン」を凌ぐ勢いの仙谷由人官房長官。

・尖閣沖漁船不法進入が起きた時の官房長官は誰でしたか?
・「現状の日中関係」の現状の政権与党は何党ですか?

この一年が只の悪夢なら覚めるのを待てばよい話ですが、悲しい現実です。


民主党が政権とってから1年経っているんですよ


自民の対中外交に疑問=仙谷官房長官
仙谷由人官房長官は5日午後の記者会見で、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をめぐる中国との関係悪化に関し、民主党政権と中国側の人的つながりの薄さが指摘されていることについて「自民党が数多くのパイプを持っていたのだろうが、それにしては日中関係が現状の姿だということは、どういうパイプだったのか。私はそれほど肯定的に見ているわけではない」と述べた。
 その上で、仙谷長官は「地下水脈が何本かあれば何とかなるという時代ではなくなっている。民主党の若い世代を含めて、本音で忌憚(きたん)のない議論ができる関係をつくっていかなければならない」と述べ、日中間で幅広い交流が必要だとの認識を示した。(2010/10/05-17:19)
にほんブログ村 政治ブログへ面白かったら
blogram投票ボタン面白かったら

posted by netpolitica at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。